zekipedia

Welcome to Zekipedia

出張の荷物を減らすために携帯用洗濯袋を導入した話

先日、アメリカに出張する機会があった。
出張自体はこれまでも何度か行くことがあったのだが、今回は5泊とまあまあ長めで、結果的に荷物も多くなってしまうことが懸念された。

ご存知のとおり、機内に持ち込める荷物には制限がある。エコノミークラスであれば、1人2個まで、だいたい20kgまでの小さめなスーツケースであれば許容される。
過去の出張(3-4泊)の際は、その持ち込み可のスーツケースとリュックサックでどうにかカバーしきれたが、4泊の時点で若干厳しかったので、5泊だとさすがに無理かなと思っていた。
(ちなみに4日以上の海外出張に機内持ち込みのみで行くと同行者に結構驚かれる、というか引かれる)

しかし、個人的にはあまり航空会社の荷物運搬というものを信用していないので、できれば持ち込みだけで何とかしたかった。
特に今回はアメリカとはいえ小規模な都市への出張であり直行便がなく、トランジットを挟むというのも懸念していた。

ちょうどこの8月にANAですら下記のようなニュースもあったということもある。
ANAの荷物トラブル、未搭載は2000個超 ペットは無事

出張の荷物というのはPCや各種デバイス類などもあるが、大部分は衣類である。
衣類を減らすことができれば、かなり荷物をコンパクトにまとめることができる。
そこで導入したのが下記アイテムである。

携帯用洗濯袋Scrubba wash bag

トップ NANOX(ナノックス) ワンパック

トップ NANOX(ナノックス) ワンパック

※トップ NANOXワンパックは液体洗剤が小分けになっている商品。少しでも荷物を減らすため、箱を開けて袋などに入れて必要数のみ持っていくのがおすすめ。

これ、どういう商品かというと、

  1. 中に水と衣類と洗剤を入れ
  2. 上部を巻いて水が漏れないようにし
  3. 袋ごと中身を揉み
  4. 一度水を出して再度水を入れてすすぎ
  5. 絞りながら水を抜くことで

洗濯ができるという優れものである。
内部が突起になっていて、汚れが落ちやすく?なっているっぽい。

実際の様子はこんなカンジ。

f:id:ze-ki:20160906181244j:plain

一日分の下着とポロシャツ、靴下くらいであれば一回で洗える。
ただどうしても水が漏れることもあるので、浴槽とかでやるのがいいと思う。

f:id:ze-ki:20160906051205j:plain
こういう場所で作業してる。
ちなみに浴室でやるメリットとしては、汚れの落ちやすいぬるま湯という環境が比較的再現しやすいというのもある。

これによって、夜に洗濯物を洗ってエアコンの前で干すことで、翌々日くらいには乾いているので、持っていった衣類を再度着ることが可能になった。
折りたためばかさばらないコンパクトなグッズであることも◎
完全に勝利した。

日本のビジネスホテルだと、結構コインランドリーと乾燥機があったりするのだけれど、アメリカだと基本ルームサービス的な形でしかやっておらず、やり取りが面倒なのと、いいホテルだと結構クリーニング代が高かったりするので、こういうアイテムは便利だと思う。