読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekipedia

Welcome to Zekipedia

映画『クロニクル』感想

映画 感想

映画『クロニクル』

今◯◯でクロニクル鑑賞
見るべき一本だと思う

というメールが父親から来たので映画『クロニクル』を見てきました。

f:id:ze-ki:20131016000039p:plain
映画『クロニクル』オフィシャルサイト
2012年2月にアメリカとカナダで公開された映画で、既にBlu-rayも出てるようです。

Chronicle [Blu-ray]

Chronicle [Blu-ray]

都内だと新宿シネマカリテというミニシアターでしかやってなくて、しかも僕が行った時には1日2回しか上映してないという状況でした。面白いのにもったいない。

元々、首都圏限定で2週間の公開予定だったのが、期間延長&上映劇場追加されたようです。良い判断だ。
映画『クロニクル』、上映期間延長&首都圏以外の上映が決定! | Qetic - 時代に口髭を生やすウェブマガジン “けてぃっく”

あらすじ

シアトルのとある高校に通うアンドリュー・スティーブ・マットの3人は、ある出来事をきっかけに超能力に目覚める。最初のうちは女の子のスカートをめくったり、ショッピングモールでぬいぐるみを動かして子どもを驚かせたり、空中でアメフトをするといったことにその能力を使っていたが、やがてエスカレートしたアンドリューが他人を傷つけることに能力を使い始め…

超能力

本作品で描かれる超能力は、主に念力・念動力系で、その派生として自分を空中に浮かせたり、バリアー?のようなものが登場します。あと超能力を使い過ぎると鼻血が出るようです。

大友克洋AKIRA』の影響

さて、今作の監督、ジョシュ・トランクによると、『クロニクル』に影響を与えた作品として『AKIRA』『キャリー』『フューリー』を挙げているようです(Wikipedia記事参照)。寡聞にして後者の2作品は見ていないのですが、確かにAKIRAの影響は随所に感じられました。

特にラストのアンドリューvsマットの戦いはAKIRAにおける鉄雄と金田の戦いを彷彿とさせられました。あと、空中飛ぶシーンやアンドリューが父親を壁にめり込ませるところなんかは『童夢』っぽいなあと。

個人的には『マン・オブ・スティール』よりこっちのほうが超能力というか、空中戦を上手く描けていたような気がします。あと83分と短めなのもだらだらアクションシーンを長時間続けるよりかはまとまってて高評価。2012年の作品なので、「今年のベスト」とは言いづらいのですが、自分が今年見た中ではトップクラスに面白かったです。


あ、そうそう全体を通してファウンド・フッテージ形式で展開されるんですが、ちょっと酔いそうになりました。

童夢 (アクションコミックス)

童夢 (アクションコミックス)

AKIRA 〈Blu-ray〉

AKIRA 〈Blu-ray〉