zekipedia

Welcome to Zekipedia

【画像あり】ウーパールーパーが食べられる店 珍獣屋オフ会レポート

横浜は桜木町にある飲食店、『珍獣屋』では、ラクダ肉やカエル肉を始めとした、一般的な店では食べられないような食材を使った料理が振る舞われます。噂は前から聞いていたのですが、今住んでいるところからやや遠いため、行ったことはありませんでした。

珍獣屋

食べログ珍獣屋

先日、コミケに参加するため関西からわざわざ東京の方まで出てきている友人が、「珍獣屋行かへんか?」とTwitterのDMで送ってきたので、「前向きに検討します」とやる気ない返事を返しつつ、検討の結果行くことになりました。以下、当日のレポートです。


参加者はhidesyskusanominal水無瀬さんご(敬称略)と俺の4人。桜木町駅に集合し、徒歩5分ほどの場所にある珍獣屋に向かいます。


迷ったりしながらも到着。入ったところにあるメニューはこんなカンジです。
f:id:ze-ki:20140818205906j:plain

「18才!ギャル漁師が獲った本鮪の目玉刺」や「山奥の仙人が作る生ソーセージ」など、気になるメニューを横目にまずは人気ナンバーワンのウーパールーパーの唐揚げを注文。

f:id:ze-ki:20140818192750j:plain
おお、結構そのまんまなビジュアル。
店員が運んできた瞬間、カウンターで飲んでた女性3人組が「見せてもらっていいですか~?」と我々の席の近くに来るという展開もありつつ、実食。わりとさっぱりした味でした。


あと撮り忘れてたピラニアの姿揚げ。これもなかなかのインパクト。


個人的にはちょっと淡水魚っぽさが強くて苦手かなーと思いましたが、
水無瀬「これいけるわ」
hidesys「やっぱり人間を食べて育った魚は美味い」
というような会話も行われていました。



カエルの唐揚げ(ウシガエルだそう)は見た目はあまりよくないですが、味は中々でした。元々食用で輸入されただけあって、鶏肉みたいで美味しい。都市伝説でマクドナルドのハンバーガーにはウシガエルの肉が使われている、みたいな話もありますが、さすがにハンバーガーに使われてたら気づくものの、チキンナゲットの原料がウシガエルですって言われても信じてしまいそう。


その他、フツーに美味いやんけといったところでは、ヘビのぶった切り網焼き(写真上)やフォアグラ飯(写真下)あたりですかね。
f:id:ze-ki:20140818195357j:plain
f:id:ze-ki:20140818200517j:plain
特にヘビについては調理方法もいいんでしょうが、焼き鳥の皮とぼんじりの間みたいな味で非常に美味しかったです。


他にもダイオウグソクムシやカエルの活造りなど、パンチの効いたメニューもあったのですが、今上げた料理を含め、全体的に希少な食材のため、やや値段も高く、チキってしまいました。また、事前に予約必須のメニューもあるので、次回行く際は予約時に色々と頼んでおきたいところです。

f:id:ze-ki:20140818210024j:plain
虫系の料理も結構あったのですが、メニューを見た我々は「その辺で取れそうだからやめとこ」「今度は虫捕り&虫食オフやろう」といった議論の結果スルーしちゃいました。


クサノ氏はこう言ってますが、個人的にはトナカイの母乳で作ったプリンが出された時、hidesysが店員に「これ人乳ですか?」と聞いていたのもやばいなと思いました。牛乳みたいに言うなよ。


最後に、参加者の1人がウーパールーパーをくわえている写真を載せてレポートの締めとさせて頂きたいと思います。
f:id:ze-ki:20140818193011j:plain

昆虫食入門 (平凡社新書)

昆虫食入門 (平凡社新書)

食べられる虫ハンドブック

食べられる虫ハンドブック