zekipedia

Welcome to Zekipedia

SONY製完全独立型イヤフォン「WF-1000X」レビュー

ソニーの「WF-1000X」を買ったのでレビュー。

WF-1000Xについて

XF-1000Xは、ソニーが2017年10月7日に発売した完全独立型のイヤフォンです。
AppleAirPodsやEARINなど、Bluetoothによるケーブルレスで左右も分離しているイヤフォンが流行っている昨今の状況に対して、ソニーが出してきたのがこのWF-1000なわけです。
ちなみにソニーストアで予約してたら発売日前に届きました。

f:id:ze-ki:20171029223706j:plain
WF-1000Xの外観。箱は案外大きい。

使用感/レビュー

届いてから1か月ほど使ってみて、長所・短所それぞれ分かってきました。

※前提として、他の完全独立型イヤフォンは持っておらず、Bluetoothタイプはソニーのh.ear in(MDR-EX750BT)とMDR-XB50BSを使っています。

いいところ

着け心地

めちゃくちゃ軽い。片耳6.8gなのでほぼ着けたカンジがしない。一方で、懸念してたすぐに落ちるとかそういうこともなくて◎
人によっては耳のサイズの違いでフィット感が異なるかもしれないけれど、少なくとも自分にとってはぴったりだった。

3種類のモード

ノイズキャンセリングモード、アンビエントモード、オフの3種類が用意されており、それぞれをイヤフォン側の操作でモードを切り替えられます。
ノイズキャンセリングモードではしっかり外音が遮断されますが、アンビエントモードでは外音を取り込むことができます。
ただ、違いは確かに感じられるものの、その差はあまり大きくなく、個人的にはもっとアンビエントモード側を外音取り込み度合いを強めてもいいかなあと思ったりしました。

ケース

持ったカンジが高級感のあるケースでかなり気に入っています。
後述の通り、電源の面で難があるWF-1000Xですが、ケースに入れている間に充電できるため、そこまで気になりません。公式には2回充電できると書かれていますが、定期的に充電すれば切れて困るということはないです。(ちなみに地味にうれしいのが、電源をオンにした時にバッテリーレベルをHigh/Medium/Low教えてくれる機能です。前のソニーBluetoothはLowの時にしか教えてくれず、早く言えや!?ってなったので。)

また、ソニー製のBluetoothイヤフォンはWALKMANとのペアリングのため、NFC接続機能を搭載しているものがほとんどですが、WF-1000Xの場合は、サイズを担保するためにケースの側にその機能を載せています。

前年に発売したXperia Earの課題であった、ケースが勝手に開いてしまう問題も解消されており、ここはソニーなりの進化が見られます。

f:id:ze-ki:20171029223719j:plain
高級感のあるケース。換えのイヤーピースも付属。

よくないところ

音の途切れ

左右のイヤフォンの接続の仕組みですが、左耳でBlutoothを受信して、右耳の端末に送るという仕組みなのですが、右が多少途切れることがあります。

特にBluetoothが混線している場所(街中)で、WALKMANを聞きながら歩いていると途切れがちです。

普通に机の上にWALKMANを置いて、作業しながら聞いてる分には音質的には問題ないのですが、移動中などちょっとストレスです。

この点は同じBluetoothワイヤレスイヤフォンでも左右がケーブルで繋がってるもののほうが音質は安定しています。

イヤフォン側での操作

モード変更、マイク切り替え、再生/一時停止、曲送り等は最低限できるのですが、他のBluetoothイヤフォンと同様音量の上げ下げ機能くらいはつけておいて欲しかったなあと思いました。

ちなみにAndroid/iOSの操作アプリもあり、接続中の端末側でも操作は可能です。

バッテリーの持ち

やはりこれですね。もちろんケースに入れれば充電されるため、移動中に聞くくらいであれば全く問題ないものの、最大3時間というのは短いなあと。集中して作業してると2-3時間くらいは経ったりするので、気づいたらバッテリー切れになったりもします。

まあこのあたりは今後解消されていくのかなあと思いますが、他のBluetoothイヤフォン同様、7-8時間は持つところまでいって欲しいなあと。

マイク/通話に関して

普段、音楽を聴く目的でしか使っていないので、あまり通話機能は使っていないものの、
何度かSiriやGoogle Assistantを使ってみました。ちゃんと音声は認識してくれましたが、マイクが外側についているのでちょっと認識精度は低いかも。

総評

24,800円という価格を考えると、ちょっと性能に対して割高かなあと思います。

普通にBluetoothワイヤレスイヤフォンが欲しいだけであれば、MDR-XB50BSが7,800円なのでその辺買った方がいいかも。

ただ、製品としてそれなりにまとまっていること、べらぼうな値段の設定ではないことを考えると、新しい物好きの人は買ってみてもいいかもしれません。

ソニー信者的には、今後ソニーにこのジャンルへ注力してもらうためにも買っておくべきですね。ある程度買える価格で出してることを考えると、普及させ
る気もあるみたいですし。

比較表

最後に文章中に出てきた製品との比較表を載せておきます。

h.ear in(MDR-EX750BT)/MDR-XB50BSとの比較

WF-1000X MDR-EX750BT MDR-XB50BS
商品画像 ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル ブラック WF-1000X B ソニー SONY ワイヤレスイヤホン h.ear in Wireless MDR-EX750BT : ハイレゾ/Bluetooth対応 リモコン・マイク付き チャコールブラック MDR-EX750BT B ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB50BS : 防滴/スポーツ向け Bluetooth対応 マイク付き ブラック MDR-XB50BS B
価格 ※2017年10月時点 24,880円 16,880円 7,880円
質量 (左右各)約6.8g、充電ケース約70g 約38g 約 22 g(アークサポーター含まず)
有効周波数帯域 50 Hz-8,000Hz 100Hz - 8,000Hz 50Hz-8,000Hz
充電時間 約1.5時間、充電ケース約3時間 約2.5時間 約2.5時間
連続再生時間 3時間 7.5時間 8.5時間
Bluetooth標準規格 Power Class 1 Power Class 2 Power Class 2
対応Bluetoothプロファイル A2DP(Advanced Audio Ditribution Profile),AVRCP(Audio Video Remote Control Profile),HFP(Hands-free Profile),HSP(Headset Profile) A2DP(Advanced Audio Ditribution Profile), AVRCP(Audio Video Remote Control Profile), HFP(Hands-free Profile), HSP(Headset Profile) A2DP(Advanced Audio Ditribution Profile),AVRCP(Audio Video Remote Control Profile),HFP(Hands-free Profile),HSP(Headset Profile)
対応コーデック SBC, AAC SBC, AAC, aptX, LDAC SBC, AAC

第62回 天童市人間将棋 観戦記

少し前の話ですが、山形県天童市で開催された第62回人間将棋を見てきました。
(この記事は以前購入したポメラで書いてSurfaceで仕上げています。)

f:id:ze-ki:20170422134303j:plain
これが人間将棋

人間が駒になって戦う人間将棋は、桜の季節に2日間にわたって開催されます。会場の天童市は将棋駒の生産地としても有名です。なんでも江戸時代に当時の藩主が貧しい藩士に奨励したことから駒の街としての歴史がはじまったとのこと。実際お値段が張る駒は結構ここで作られているものが多いですね。

f:id:ze-ki:20170422125204j:plain
舞台となる舞鶴山山頂には3月のライオンのポスターが。出店も出ています。

1日目・中村桃子女流初段 vs 室谷由紀女流二段

2日間のうち、1日目は女流棋士同士の対決。中村桃子女流初段と室谷由紀女流二段の対戦で、解説者は阿部健治郎七段。聞き手は島井咲緖里女流二段と北尾まどか女流二段でした。
ちなみに島井女流はその前の部で山形県小学生将棋名人と特別公開対局をしてたようです。飛車落ち(?)相手ながら女流プロを下した小学生将棋名人は将来が楽しみですね。※途中から参加したので対局の進行はわからず…。

さて、中村女流と室谷女流の対局ですが、対局者同士の会話が許されている(?)、人間将棋ならではの掛け合いが非常に楽しい将棋でした。

f:id:ze-ki:20170422134330j:plain
櫓の上の中村桃子女流の様子

先手中村女流の四間飛車に対する後手室谷女流が採用したのは居飛車。室谷さんが居飛車は珍しいなあと思っていたら、

中村「由紀どの、動きが怪しいがおぬし居飛車は指せるのか?」
室谷「今日がデビュー戦じゃ」

という衝撃的な会話も。

お互い銀冠というちょっと変わった一局は、中央突破をうまく交わした後手室谷女流が一手違いの将棋を制していました。
※銀冠は多くの駒を動かすので、すべての駒を動かす必要がある人間将棋においてはよく現れやすいと解説で阿部七段が言ってました。

f:id:ze-ki:20170422142713j:plain
終盤の盤面。馬を中心とした中央突破に対して、飛車の打ち込みで対抗しています。


2日目も同様なのですが、対局の合間には織田信長(織田家にゆかりがあるそうで)や家来に扮した俳優による小芝居も入ったり、対局者同士の掛け合いもあったりで、通常の将棋対局と比べて、将棋を知らなくても楽しめるいいイベントだなと思いました。

2日目・三浦弘行九段 vs 阿部健治郎七段

いよいよ2日目は三浦弘行九段と前日の女流棋士対決の解説者であった阿部健治郎七段の対局です。阿部七段は地元山形は酒田市出身だそう。解説者は二人の兄弟子でもある藤井九段。全員西村一義九段門下の棋士です。

皆さんご存じの通り、昨年スマホ問題に揺れた将棋界において、まさにその当事者であった三浦九段が久しぶりに一般イベントに登場するという場でした。

対局が始まり、開口一番阿部七段が、

阿部「三浦殿、大変だったであろう」

という兄弟子をねぎらう一言。いやー、いいですね。

一方の藤井九段は対局前、
藤井「あれ、三浦くん久しぶりだね。何してたの?」
と、いつも通り三浦九段をいじりまくっていました。いや、とても仲はいいらしいですよ。

f:id:ze-ki:20170423124554j:plain
対局前のトークショーでいじられる三浦九段(中央)

さて、対局の内容ですが、対局者の三浦九段が藤井システム、阿部七段がミレニアム囲いという展開。アツい。

これどういうことかというと、藤井システムというのはその名の通り藤井九段が考案した、有名な居飛車穴熊対策の1つ。
一方のミレニアム囲いというのは2000年頃に流行ったことからその名前で呼ばれている、囲いの一種で、当時藤井システムへの対抗策として三浦九段が用いていたことから三浦囲いとも呼ばれています。

つまり、解説者の藤井九段の藤井システムを弟弟子の三浦九段が採用し、その対抗策として三浦九段が用いたミレニアム囲いをその弟弟子である阿部健治郎七段が採用したという構図なわけです。

f:id:ze-ki:20170423135327j:plain
三浦九段の戦型が藤井システムの形になった様子です。

まあ自然にそうなったというよりは、解説者の藤井九段が、

藤井「俺は角換わり腰掛け銀とかだったら解説しないよ」
藤井「三浦くん、空気読もうね」

とか煽ってたので、ある意味誘導されたのかもしれませんが。

ダイヤモンド美濃とミレニアム囲いで、お互いがっちり囲った重厚な将棋になるかに思われましたが、積極的な攻めにより三浦九段が勝利しました。

対局後の挨拶では、阿部・藤井の両名から

「三浦さんが元気そうでよかった」

といった声がかけられていて、同門の仲の良さを感じられました。

f:id:ze-ki:20170423144127j:plain
終局図。ダイアモンド美濃のうち銀が二枚最後まで残ってますね。

2日目・おまけ

実は2日目には、人間将棋の対局の前に、映画「3月のライオン」後編の公開に併せて大友監督と主人公・桐山零役の神木隆之介くんのトークショーも開催されていました。

f:id:ze-ki:20170423114402j:plain
櫓の上でトークショーを行う神木隆之介くん。めちゃくちゃ人気。

こっちがメインイベントの人も多かったようで、100%将棋に興味なさそうな女の子達が神木くん登場の時にキャーキャー盛り上がってました。
トークショーの中身は前日に後編が公開された3月のライオンについて。神木くんもそういや将棋やってるんですねー。

トークが終わったら、本来のメインイベントである人間将棋までに会場の大部分の人がはけたのですが、なんとサプライズで人間将棋が始まる前に武士の格好で再登場。残ってた人はある意味ラッキーかも。

本局は事前に手番が決まっていなかったため、神木くんの振り駒によってどちらが先手になるか決まります。

f:id:ze-ki:20170423134203j:plain
振り駒で先手後手を決めている様子。


先手は上述の通り阿部健治郎七段に決まりました。
振り駒をしたあと、映画のポスターを前に写真撮影をして爽やかな笑顔で去って行きました。

f:id:ze-ki:20170423134340j:plain
ポスターの前で撮影する大友監督と神木隆之介くん。

イケメンすなあ。

キングジムのポメラDM200を購入しました

 

ASCII.jp:「ポメラ」で5000万円稼いだ! 作家・芝村裕吏氏が明かす「ポメラ」 DM200の魅力 (1/3)

 

この記事を読んでポメラがほしくなり、労働によるストレスが溜まっていたこともあり、実売4万円弱という値段にも関わらず衝動買いをしてしまいました。
5000万円欲しいし。

 

 

 

この文章はそのポメラで書いています。

 

サイズ・キーボード

初期の折りたたみができるポメラ(DM10、DM25)のほうがコンパクトでいいと思っていたのですが、あれを借りてカチャカチャタイプしてると結構キーボードがちゃちかった記憶があり、ヘビーユースは難しいかなとも感じていました。まあ値段なりとも言えますが。

今打っているこのDM200は確かに横長でちょっと大きいなと思う部分がありつつも、タイピングがすごく自然で、画面部もかなり見やすくて使っていて不自然なところがないです。
大きいといっても、横が263mm(約10.4インチ)なので10~11型のモバイルノートと同じくらいですし、縦はその半分くらい、厚さも18mmとかなのでかさばるほどではないです。

むしろ普段持ち運びに使っているSurface 3と比べるとだいぶコンパクトで軽いです。しかもSurfaceって基本タブレットだからキーボードが結構打ちにくいので、ポメラの方が文章を書きやすくていいですね。

f:id:ze-ki:20170211112405j:plain
Surface 3との比較。横幅はほぼ同じくらい。

変換機能・辞書

そして今回大幅に性能がアップしたといわれる変換能力なのですが、ATOKが搭載されているため普段の文字入力となんら変わらない文字入力が可能になっています。(ちなみに普段はメインは基本ATOK、サブでGoogleIMEを使っています。)

しかも補助辞書でアニメ辞書やエンタメ辞書などが入っているため、

などが一発で変換できます。

なお、「らき☆すた」「STEINS;GATE」などは無理でした。

辞書も類語辞典(角川)・国語辞典(明鏡)・英和辞典(ジーニアス)・和英辞典(ジーニアス)が入ってます。
個人的には百科事典もほしかった・・・・・・。

ほか端末との連携

あとはQRコードiPhoneとかに即送れるのが便利ですね。
この文章もポメラで書いてiPhoneはてなブログアプリで取り込んでいます。
ポメラSyncとかいう便利っぽい機能もあるみたいですが。
SDカードにも対応してるので、メモリの拡張性もあります。

 

画面表示項目

表示も結構自由にいじれるのはいいですね。

  • 縦書き横書き変更
  • 白黒反転
  • 罫線・グリッドON/OFF
  • 二画面分割

などなど。

あと「.」(ピリオド)を先頭につけてアウトライン表示をオンにすると、左側に文章のアウトラインを表示する機能も、長い文章書く場合とかは相当便利そう。
ピリオドの数を増やしたらアウトラインの階層化もできるし。

 

電源・バッテリー

電源が電池式からリチウムイオンバッテリー&USB充電になったことが不満という方もいるようですが、いまどきだいたいの端末がUSB充電だし無駄にケーブルが増えなくていいかなと。
むしろ今ワイヤレスマウスを電池式の使っちゃってるからいちいちeneloop充電するのがめんどい。
バッテリーの劣化リスクが~とかもあるけどまあそれ言ったらiPhoneとかもそうだしなあ。

 

使用感レビュー・感想

今のところ、文章作成にこだわったツールというところが気に入っています。一応ノートパソコン(VAIO)とタブレットPCSurface)も持ってはいるんですが、できることが多すぎてサボってしまうという面もあるので、こういう機能特化型のデバイスはアリだなあと思ってます。実際、音楽視聴に関してもiPhoneXperiaで聞けばいいものを、やっぱりiPodWALKMANで聞いてしまうし。
ブロガーとか文筆業を生業にしているような人はおすすめかと。

まだこの文章を書いてるくらいしか使っていないのでなんともですが、校正機能とかはあってもよかった気もしました。

 

5000万円稼ぐぞ!