zekipedia

Welcome to Zekipedia

『劇場版gdgd妖精sっていう映画はどうかな・・・?』感想

f:id:ze-ki:20141005204708p:plain
劇場版gdgd妖精s(ぐだぐだふぇありーず)っていう映画はどうかな・・・?

劇場版gdgd妖精s見てきた。


会社帰りに観に行くのどう考えても不可能だったので休日に。
角川シネマ新宿の中でも狭い方のシアター(60席くらい)だったんだけど、立ち見が出てるくらい混んでた。

gdgd妖精s、全く見たこと無い人だと、サイトとか見ても何が面白いのか分からんってなりそう。実際CGのクオリティもそこまで高くないし。

ただ、アドリブコーナーが最高。こればっかりは見てもらわないと伝わらないけど、ラジオ番組の読者からのネタコーナーとか好きな人はハマると思う。

テレビシリーズの定番コーナーの1つ、アドリブでアフレコを当てる「アフレ湖」は劇場版でも登場。相変わらずグダグダでおもろい。他にも、でんぱ組.incと4コマ漫画の最後のセリフを当てあったりとか、架空の動物の鳴き声を当てるのとかが10分に1回くらい挟まれててその度に笑いが起きてた。


ニコ動でよくない?っていうのは冗談なんだけど、劇場ってすごいニコ動みたいなとこあるなーと思ってて、観客がみんなで笑うのってニコニコ動画でいうところの「wwwww」「ワロタ」みたいなカンジで、なんというか感覚を共有する的なところが似てる。
っていうのを、TV版はニコニコ動画で見てたから「あれ、コメント非表示にしてたっけ?」っていう違和感を覚えながら考えてた。

内容についてですが、個人的にはピクピクとコロコロを救ったシルシルが親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙なしには見れませんでしたね。


延長マジか。