zekipedia

Welcome to Zekipedia

梅雨入りしたので「rain」(PS3ゲーム)をプレイしました

関東では一昨日くらいから梅雨入りだそうで。
天気予報によると今日は1日雨らしいので、自宅に引きこもることに決めて前から気になっていたゲーム「rain」をプレイしました。「lain」ではないです。

f:id:ze-ki:20140607183926p:plain
rain | プレイステーション® オフィシャルサイト
ダウンロード版の金額は1,500円です。プレイ時間の目安は3~4時間くらい。映画館で映画1本観るくらいのカンジですね。

どういうゲームか簡単に説明すると、鬼ごっこと隠れんぼをするゲームです。
クロックタワーとか昔のメタルギアとかに近いかもしれません。

ひたすら敵に見つからないように隠れたり、逃げまわったり、ギミックや仕掛けを用いて敵を倒したり。
こういうジャンルのゲームをステルスゲームと言ったりもするんですが、だいたい、主人公が潜入系の任務についていたり、あるいは敵が殺人鬼とかでそいつから逃げ回る、みたいなのが多いです。

「rain」では、このステルスゲーム的なシステムと雨が振り続ける町という世界観がうまくマッチしています。
このゲームの主人公の姿は見えません。透明です。が、雨に打たれるとぼんやりその輪郭が描き出され、屋根のあるところに入ると、完全に存在を消すことが出来ます。
雨の降っているところにいると敵に見つかってしまうのですが、軒先やアーケードの下では敵に見つからなくなります。この仕組みを活用して敵から逃げ回ります。これがよく出来ていて、敵も屋根の下では見えなくなったり、泥水を被ったり物を持ったりしていると屋根の下でも姿が見えてしまうなど、世界観をうまくゲームシステムに取り込んでいます。

最初は主人公と同じく透明である女の子を追いかけつつ、敵から逃げるゲームなのですが、女の子と出会ってからは肩車したり、重い石を押したり、2人でしかできないアクションができるようになります。この辺は「ICO」に近いかもしれませんね。

まああくまでゲームシステムは補助的なもので、このゲームの良さは全体的な雰囲気だと思います。ヨーロッパっぽい町並みとか、ピアノやアコーディオンを中心にした音楽とか。音楽を担当しているのはガリレオなどでも知られる菅野祐悟さんです。ピアノと雨ってやっぱり合うなあって思いました。
ただ、ゲームが1,500円でサントラが3,000円近いのは不思議なカンジ。

rainオリジナルサウンドトラック

rainオリジナルサウンドトラック

あと、6月5日に特典のついたパッケージ版(Blu-ray Disc)も発売されているようです。全く知りませんでした。
梅雨入りと同時に発売っていうのも良く出来た偶然ですね。

上述の通り、そこまで時間もお金もかからないゲームなので、「最近忙しくてゲームできてないなあ」っていう人にもおすすめです。

rain 【PS3】 美しいテーマソングの一部を公開 【Story PV】 - YouTube