読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekipedia

Welcome to Zekipedia

このジャンルの本が電子書籍にあったらいいんじゃねという妄想

最近はずっとKindle触ってます。ただ、まだまだ本の数が少ないような気が…。
そこで、「こういうの電子書籍であればいいのになー」と思った本を挙げてみます。

全集・百科事典

単純に場所を取るので。ワンルームマンションに一人暮らししてる人間にとっては中々買えない品ですが、たまに読んだり調べたりするときに手元に欲しいなって時があるんですよね(ねーよ)。特に百科事典系はKindleの辞書機能みたいなカンジで使えたら嬉しいんですけど。あとAmazon様ならセットで安くしてくれそうというのもあります。コレに近いのはラノベで、ラノベはたいてい巻数が多くなるので最近は買うのを躊躇してたんですけど、電子書籍ならほいほい買ってしまいそうです。

古典

新書とか流行りの小説とは違って、岩波文庫講談社学術文庫に入ってるような古典はもはやフローというよりストックなので、Kindleを購入した時の「とりあえずダウンロードする」需要にうまくマッチしそうだなと思ってます。あと、多分一度出せば“フロー”にあたる本よりは長く売れ続けると思います。

地図・旅行誌

旅行先にわざわざ旅行誌や地図を持って行くのは荷物になるし、出先とかでいちいち広げるのが面倒くさいので。実際、自分が長距離ツーリングに出たときに複数冊のツーリングマップルやるるぶなどをバッグに入れてたんですが、邪魔だなあと思ってました。複数の国や地域をまたいだ観光をする際なんかに使えそうです。

雑誌

雑誌の何が面倒くさいかって買うのと捨てるのなんですよね。買う時は持って帰るの重いし、捨てるのは特定の日にしか無理だし。特に京都にいた頃は、民間の古紙回収業者を利用するしか無くて大変でした。もちろん部屋のスペースを圧迫するというのもあります。これが電子書籍になれば購入のハードルが一気に下がります。個人的には保存性が高いのもありがたいです。雑誌ビジネスは返本が多く、そのぶんも価格に上乗せされてると聞きますが、規模の大きくない雑誌の場合、返本リスクを抱えるより電子書籍にシフトしたほうがコスト削減できるんじゃないのかなあと思いました。漫画雑誌については現状JUMP SQ.19くらいしかないので、今後もっと増えてくれるとありがたいです。

Kindle化リクエスト

とまあ色々書きましたが、AmazonにはKindle化リクエストボタンがあるのでそっちをポチポチ推すほうがKindle化に繋がりそうなので皆様も積極的に押して行きましょう。多分Amazonという企業の体質上、1人の意見の中身より数を重視すると思うので。

そういえばAmazonが紹介料の引き下げを行うみたいですね。書籍ジャンルも大幅な引き下げを食らったようですが、Kindle本は除外されるというのはそっちの方に力を入れることの一貫なのかなあと思ったり。
Amazon紹介料率ショック再び! 6月から書籍は固定「3%」、フィギュアも固定「2%」へ | デジモノに埋もれる日々
Amazonが一部商品のアフィリエイト紹介料を改定 料率引き下げに利用者ショック - ねとらぼ