読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekipedia

Welcome to Zekipedia

Kindle Paperwhiteを購入しました

購入の動機

Kindle Paperwhite 3G

Kindle Paperwhite 3G


前々から欲しい欲しいと思っていたKindleをついに買いました。Paperwhiteの3Gモデルです。
というのもですね、自分はわりと本を読む人間なんですが、なにぶん賃貸で一人暮らしの身で部屋がそんなに広くないというのがありまして、どうにか本の省スペース化が出来ないかなと考えていたわけです。特に前住んでいたとこが広くて、適当に本を買って本棚にぽいぽい置いとけばよかった状況と違って、今住んでるとこはフツーの物件なもんでもはや物理的にどうしようもない状態なんですね。これでもダンボール数箱分の書籍は売ったんですが……。
んで、引っ越してからこっち、本屋で本買いたいなあと思っても部屋が狭いことを思い出して諦める毎日が続いてたんですが、これじゃよくないと思って、初任給パワーに加えて臨時収入もあったので何かしらの電子書籍リーダーを思い切って買うことにしました。
一応選択肢にはKindle Paperwhite以外にもKindle FireやiPad mini、楽天のkoboにSonyのReaderといった電子書籍リーダーも会ったのですが、とりあえずはデバイスとしての性能(自分の用途に合っているという意味で)とコンテンツの充実度と将来性から判断しました。今は自炊とかしてないんですが、もし今後自炊するならちょっとKindleでは厳しそうなので他のタブレット端末も視野に入るかもしれません。

使ってみての感想

数日使ってみての感想は以下の通りです。

思ったより読みやすい

紙媒体が好きな人間なので、慣れるかなあと思ったんですが意外と抵抗感なく読めました。フォントタイプやサイズ、余白等が選べるのはありがたいですね。そういう意味では自分の思い通りにカスタマイズできるという点で紙よりむしろ可読性は高いかもしれません。あと、てっきりスワイプで次のページに行くんだと思ってたらタッチでページ送り・戻りなんですね。これは電車の中とかで片手で読んでるときにありがたいです。

同じ本でもKindle版だと安い

当然ですが同じ本でも書籍版に比べてKindle版の方が安いというのがよくあります。例えば今読んでる『ヤバい経営学』という本は400円ほど安いです。ものによっては50%以上ディスカウントされているものもあり、たくさん買う人はKindle代をペイできるかもしれません。

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実

無限に買ってしまう

クレジットカード(というかアカウント)を登録しておくと、検索した本を1クリックで購入できて便利なんですが、金を払ってる感覚がないのでついつい買いすぎてしまうので注意が必要です。

漫画はイマイチ?

漫画もダウンロードしてみましたが、まず容量が大きくKindleを圧迫してしまうというのがまず問題点としてあると思います。あと、1ページごとに表示されるので見開きとかだとつらいものがあるかもしれません。それとこれは人によるかもしれませんがやっぱり漫画に関しては紙のほうが好きですね。小説や評論だと気にならない切り替え時のもっさり感が漫画だと余計に感じられる気がします。ただ、フツーに読む分には読めますし、Kindleのコンテンツであればクラウドに保存されるので容量もそこまで問題じゃないとも言えます。

まとめ

まだまだ買って日は浅いですが、すでにいい買い物をしたと感じています。今後は各出版社がKindle版出してくれないかなあと思ったり。特に岩波やブルーバックスあたりはユーザーとの相性もいいと思うんですが……。あと、漫画雑誌とかKindleで読めたらいいのにと思ったりもします。雑誌とかマジで場所を取るわりに、地域によっては捨てにくいので電子版の需要ありそうなんだけどなあ。