読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekipedia

Welcome to Zekipedia

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 感想

f:id:ze-ki:20131104190052p:plain
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
ふーれーたー こころーは かがやいたー
あざやかな いろーになって はーばたくよ きぼうのーせてー

「劇場版 魔法少女まどかマギカ [新編]叛逆の物語」予告編映像 - YouTube

というわけで出遅れてしまった感もありますが、まどマギ新作映画、叛逆の物語の感想です。
今回は難しいこと考えずに好き嫌いで語ろうかなと思います。

例によってネタバレを含むので(このブログに辿り着くような諸兄らは当然すでに観てるかと思いますが)、それが嫌な人はこんなブログに観てないでさっさと映画館にでも行って下さい

良かったところ

  • アクションシーン
  • 杏さやのキャッキャウフフ

ダメなところ

  • ラスト
  • 杏子もっと出せや!!!

です。





まずアクションシーンについて。
まどマギってあんまりアクションシーンが話題になるタイプのアニメではないんですが、TVシリーズにおける3話のマミさんのガンアクションだとか、10話のほむら&マミ&まどかの3人で委員長の魔女倒すところとか、立体感のあるアクションシーンのレベルが高い作品だと思ってるんですよね。
ただ、物語の都合上、どちらかと言うと静かな場面が多くてこれまで個人的には不完全燃焼感がありました。
もっとね、みんなで協力して魔女倒したりしようやと。ストライクウィッチーズみたいなカンジで総力戦でネウロイに立ち向かうようなそんなアニメにしてくれと。
※なので、まどマギポータブルのほむらエピソードとかはみんなで協力してワルプルギスの夜に立ち向かうので、1番好きなエピソードでした

そう思ってたところに叛逆の物語ですよ。
ナイトメア化した仁美に対しての、まどか&マミコンビとさやか&杏子コンビの連携プレー。テンション上がりますわな。
あとほむらが魔女化して世界が崩れかけたとこでは新キャラのなぎさちゃんも一緒になって戦ったりしてね。
協力ではないけど、マミvsほむらのシーンとかすげーアクション考えるなーとあっけにとられたりしてました。

というわけで、アクションシーンの出来は本当によかったです。もっかい見たい。




次に杏子とさやかについて。
あのな…… わしの おきにいりの
杏子がな…… ……
…… でな…… が……
…… …… かわいくてな……
たまらん…… くう……
…… さらに…… もう……
すごすぎ…… …… で……
…… そう おもうか……
…… はー!

今作では杏子もまどか達と同じ見滝原中学校に通ってる訳なんですが(いや、実際には通ってないと言ったほうがいいのか?)、登校中とかにキャッキャウフフしたりするのがね、良い。一緒に戦ったりとかね。あとオープニングとかアカン。ニヤついてしまいますわ。誰かGIFアニメにしてくれ。




以上が良かったとこかな~と。

んで色々賛否両論あるラストについて。
個人的には好きじゃないですね。まあ続編(あるよね?)含めて評価しろって話なんでしょうが。

キュゥべえの企みに気づいたほむらが“叛逆”して、まどかによる浄化すらも振り切ろうとするんだけど、さやかを含めた他の魔法少女達の協力によってハッピーエンドに、って締め方でとりあえずは完成させとけば良かったのになーと思いました。

なんつーか物語を完結させることによって評価されることから逃げてるように思えてしまうんですよね。完結させてしまうと一旦そこで評価されちゃうわけだけど、続編ありますよみたいな雰囲気にしておくと視聴者的にはじゃあ次回作も含めて判断するかってなるし。

そういうところが気に食わないなーと思ったりしました。ただ、ある意味まどか☆マギカらしいっちゃらしい終わり方だったのかなーとも言えますが。




杏子について。
杏子とほむらの絡みは新鮮だなーと思ったけど、やっぱり今作では杏子のシーンが他のキャラに比べて少なかったような気がします。
話がまどかとほむらの方により過ぎちゃってるなーと。さやかとの絡みも少なかったし。
佐倉杏子ちゃんかわいい。