読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekipedia

Welcome to Zekipedia

磐梯吾妻〜天童〜山寺〜笹川流れ〜瀬波温泉ツーリング

はてなブログiOSアプリでの投稿テストも兼ねて。

タイトルは本日のルートです。ちょっと長くなり過ぎたかも。


磐梯吾妻レークライン&スカイライン

裏磐梯を出発してまずは磐梯吾妻レークラインへ。元々有料道路だったそうなのですが、最近無料化されたようです。眺めはまあまあといったところですが、勾配もきつくなく、道も綺麗でだいぶ走りやすい道路でした。


その次は磐梯吾妻スカイラインへ。こちらも最近無料化されてます。南側の土湯峠からだと、前半は遠くに山並みを臨む眺望抜群のルート。後半は火山地帯を通ることになります。
↓火山地帯はこんなカンジです。

f:id:ze-ki:20130816214104j:plain


こういった日本でも屈指の快走路が無料で走れるなんて、福島県のライダーは恵まれてるなー。と思ったりしました。

天童市将棋資料館

その後は高速で一気に山形へ。JR天童駅一階の天童市将棋資料館に向かいました。

f:id:ze-ki:20130816214353j:plain

天童市は将棋の駒で有名な町で、あちこちに将棋の駒をモチーフにしたオブジェや看板などが見受けられました。ここでは将棋のタイトル戦も行われたりします。


将棋資料館は主に将棋の歴史と様々な駒が展示されてるくらいでした。ちなみに、将棋の駒のストラップがタダでもらえます。
資料館の隣には将棋の対局所?みたいなのがあって子ども向けの将棋教室が開催されてました。

山寺

天童市から少し離れた所にある山寺。ここはかつて松尾芭蕉が訪れ、「閑けさや 岩に染み入る 蝉の声」という俳句を読んだことでも知られています。

f:id:ze-ki:20130816215847j:plain

写真は五大堂ですが、奥の院まで登ると全部で1000段位上あるらしく(数えてないので分かりませんが)、なかなか大変でした。松尾芭蕉、健脚ですね。

笹川流れ

山形市を後にして、今日の目的地、瀬波温泉へ向かいます。

日本海側を国道7号〜国道345号と繋いで南下しました。途中の笹川流れ辺りでの写真はこちら。

f:id:ze-ki:20130816222041j:plain

めっちゃきれいだったなー。
そういえばこれで(部分的にですが)一桁国道を制覇した気がします。


んで今は瀬波温泉のとあるホテルに泊まってiPhoneでちまちまブログを書いてるってわけです。

疲れた!