zekipedia

Welcome to Zekipedia

週刊少年ジャンプデジタル版のカスタマーレビューに見る雑誌の電子書籍化のメリット

ジャンプデジタル版、Amazonのベストセラーに

先週発売された週刊少年ジャンプ33号のデジタル版、AmazonのKindleストアで少年コミック部門のベストセラーになってましたねー。まあ他は単行本ばっかだしそりゃそうかというカンジもありますが。

カスタマーレビュー

そのカスタマーレビューが結構面白かったので一部抜粋します。

海外に住んで居る者として今回のデジタル版発売は非常に嬉しいですね。
毎回定価の倍以上出して購入していましたが、それも必ず買える訳ではないんですよ。
毎週週遅れのジャンプを早い者勝ちで購入していたんです。
定期購読手続きをしていれば別ですが、それも一時帰国中の事を考えると面倒で。。。

まぁ、そう言う訳で日本に居るのと同じタイミングで購入して読めるのはありがたく、場所も取らないのはいいですね。

今回は45周年記念ということで、フルカラー作品あり、こち亀のジャンプ40周年記念作品の復刻掲載などボリューム満点で内容に関しても文句なし。

若干、公告が多いのがアレですけど、デジタル化発売をしてくれただけで感謝ー!!!ですから。

出来れば今後もデジタル版販売の継続と他雑誌への展開もお願いしたいです。
Amazon.co.jp: 週刊少年ジャンプ33号 デジタル版【45周年記念号】の Amazon Customer 海の上のしろくまさんのレビュー

世の中、日本に住んでて近くにコンビニがあって毎週ジャンプが買えるって人ばっかじゃないんですよね。海外とかに行くと途端に日本の雑誌って手に入りにくくなるし。僕も中学校の時に1ヶ月ほど海外に行ってたんですが、その時に4週間もの間某週刊誌を買えなくなって、そのタイミングで買うのをやめたってのがあったので、レビュアーの人が言ってることはよく分かります。

電子書籍化のメリットってインターネットさえ繋がってれば世界各地どこにでも配信できることなわけで、この調子で英語版とか出した日には国内を一気に超える売上とか期待できそうなのになーと。しかも紙の雑誌と違って返本や在庫のリスクを抱えなくて済むわけだし。


ジャンプはたまに売り切れててあちこちコンビニを探すことになるが電子書籍だとそういうこともなくていい。
また、紙媒体ではできないようなオマケも期待できる。300円は買いに行くのと捨てる手間を考えても少し割高だが今回のようなオマケもあればアリかなと。
でも紙媒体と同じ内容であればせめて同価格、出来ればもう少し安く設定してほしい。

個人的には今後もデジタル版は販売してほしいしヤングジャンプもぜひデジタル化してほしい。
Amazon.co.jp: 週刊少年ジャンプ33号 デジタル版【45周年記念号】の Amazon Customerさんのレビュー

あと、買いに行くのと捨てに行く手間が省けるって話ですね。これも田舎とかだと結構大事ですよね。最寄りのコンビニまで徒歩1時間みたいな場所もあるわけで。あと、24時間ゴミ捨て可能なマンションに住んでるような人には分からないと思いますが、地方だと雑誌の回収は1ヶ月に1回とかだったりしてなかなか捨てにくい、みたいなのもあります。


こうやって考えると、雑誌の電子書籍化のメリットって、紙の質感とかカラーだの白黒だのとかっていう中身の話はある意味どうでもよくて、物理的制約によって今まで届けにくかった人に雑誌を届けられるようになるって話なんだよなーと。星1つのレビューとか見てると「紙より値段が高いとかおかしい」とか「解像度が低い」とか「紙のサイズで見るのが好き」みたいなのが並んでましたが、だったら紙の方買えやと。別に紙の雑誌がなくなるわけじゃなしに。

あ、そうそう、ジャンプのデジタル版って毎週配信されるわけじゃなくって33号単発の企画だったみたいですね。今日買おうと思ってKindleストアで検索したけど売られてなかったので。毎週買えると思って楽しみにしてたのに…。ただ、前号のデジタル版がかなり売れたみたいなんで、もしかしたら今後毎号デジタル版が出るようになるかもしれません。早く出してくれー。