読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekipedia

Welcome to Zekipedia

ブログとTwitter

思ったこと

togetterでたまに見る「〇〇氏の〜〜に関するつぶやきまとめ」みたいなのなんだかなあと思う。
一人の人が一つの事象に関して連続してつぶやくなら、ブログかどっかに書いたほうがいい気がする。
togetterには、何かが起きて、それに対して関係する人達がざわついて、その瞬間の空気感を切り取る、みたいな方が合ってる。


ブログに書いてURLをTwitterで流しても同じじゃん。と思ってしまう。
わざわざURL開いてまで見ない可能性もあるだろうけど。まあ、よっぽどフォロワーに対してみてもらいたいなら好きにすればいいけど、見たくない人もいる気がする。少なくとも俺は見たくない。


togetterの使い方うんぬんとかそういう問題じゃない。

jkondoさんも「twitterはフローです。ブログはストックです。」みたいな話してたけど本当にそう思う。

さっき、「見たくない」って言ったけど、ブログにまとまってたりしたら見たいし、後で参照しやすい。
Twitterは一応postは残るけど、遡るの限度ある。ある一つのpostまでたどり着くのはわりと楽だけど、過去に連続して投稿された内容を全部把握するのは難しい。twilogとかやってたら別。

考えたこと

多分、上で挙げたようなTwitterの使い方する人に、ブログで書かせようとするなら

  • 「ブログを書く」ということのハードルを下げる
  • Twitterで連投する」ことのリスクを高める

があると思う。他にもあるだろうけど個人でできそうなのはこの2つかなと思ったので。
前者は、ちょっとした内容でもブログを更新して、それをTwitterに流すことで、あんなんでいいのかと思わせられるかもしれない。
後者は、スパム報告とかしたらいい気がするけど、流石にアレなのでブロックとかリムーブとかしたらいい。フォロワーが減るの全く気にしない、っていう人は少ないだろうし。

こういうことTwitterで言いたいけど、140文字じゃ伝わらない気がするし、連投するのも自己矛盾するしつらい。