zekipedia

Welcome to Zekipedia

『刃牙道』9巻 第78話「助言」の表現について

先日発売されたマンガ『刃牙道』の9巻がヤバかったので紹介。
そのエピソードは第78話「助言」。勇次郎に対して本部が助言する回である。
単行本化前からコラ化が止まらない神回として知られていたが、改めて読みなおしてもとんでもない回だったと思う。

一応内容を知らない人のためにWikipediaからあらすじを抜粋。

刃牙道のあらすじ
時系列は地上最強の親子喧嘩編の数か月後。名だたる格闘家たちを退屈が襲った。その退屈は地上最強の倅となった刃牙も例外ではなかった。
一方、東京スカイツリーの地下では宮本武蔵を復活させる計画が進行していた…。
グラップラー刃牙 - Wikipedia

まああらすじを読んだところで1ミリも理解できないと思うが……。

該当のシーンについて

高層マンションで邂逅する2人の格闘家、範馬勇次郎と本部以蔵。
現代に蘇った最強剣士・宮本武蔵に「逢いてぇ…」と震えながら口にする勇次郎に対して、本部が「悪いことは言わん 止めておけ」と口にした後のコマがこちら。

f:id:ze-ki:20160124235912j:plain
※第9巻136ページより

!?

衝撃の8連コピペである。
そんな勇次郎が口にした「なんで?」というセリフ。
f:id:ze-ki:20160125002539j:plain
俺こそなんで?と聞きたい。
その理由は
f:id:ze-ki:20160125002458j:plain
だかららしい。

そのあとに続くのがこちら。
f:id:ze-ki:20160125000500j:plain
今度は9連コピペ。白目やめろや。

コピペ表現について

当然のごとくこのコピペについてはTwitter2chで話題になったが、果たして我々は板垣先生の伝えたかったものを理解しきれているのだろうか。

レポート、プログラミング、マンガ。人はなぜコピペをするのか。普通に考えると楽をしたいからだと思う。
しかし、あの天下の板垣先生が自身の作品で手抜きをするはずがない。他の意図があるに違いない。

まっとうに解釈すると、本部が言ったことを理解できない勇次郎の心理描写と捉えるのが正しいのだと思う。
地球上最強の生物であるがゆえに、誰かに「守護られた」ことのない勇次郎。彼を「守護ろう」とする本部は理解しがたいのかもしれない。
その心理を描いたのがこのコピペなのだろう。確かに読んだ時に何が起きたのか理解できなかった。まさに勇次郎と同じ感覚を味わった。

さらに突っ込んだ解釈としては、このシーンをチャンピオンにぶっこんだ板垣恵介自身と、本部以蔵の同一視とも取れるかもしれない。
実際このシーンを読んで、「本部がついに言った!」という思いと「板垣先生がやりやがった!」という思いの両方に駆られたからだ。


範馬刃牙』以降はネタ的な要素が強い刃牙シリーズだが、ネタを提供するのも容易なことではないと思う。
なんだかんだ言って毎年ネタを提供してくれる板垣先生には頭が上がらない。

横浜にある、温泉でも銭湯でもない大浴場「ふれーゆ」の話

大井町のおふろの王様に行った人のブログを読んでいて、ちょっと前に「ふれーゆ」という横浜市の高齢者保養研修施設に行ったの思い出した。

ふれーゆ 横浜市高齢者保養研修施設 || トップページ ||

まあ横浜と言ってもいわゆる横浜的なエリアではなく、鶴見区の海沿いで工場とかいっぱいあるところらへんだけど。
自動車やバイクだと汐入インターが最寄りになると思う。

こんなカンジでマジで周りに何もない。

このふれーゆにはプールや大浴場がある。
近所の焼却工場の排熱を使ってお湯を沸かし、温水プールや大浴場に活かしているらしい。エコだ。
f:id:ze-ki:20160114003020p:plain
まちづくりと一体となった熱エネルギーの有効活用について

高齢者保養という名目ではあるものの、高齢者じゃなくても入ることはできて、プールと大浴場それぞれ大人は800円、子どもは300円になっている。ちなみに60歳以上の高齢者は500円。クーポンを使えば100円引きになったりする。

前に行った時は大浴場の方を目当てで行ったんだけど、そっちはわりとシンプルな構成で洗い場と大浴場のみというカンジだった。まあ値段なりかなあ。大江戸温泉ほど高くはないけど豪華でもないというか。
客層はマジで老人ばっかり。でも土日だったけど混雑してるというほどではなかった。
大浴場はバスタオル使い放題なので、手ぶらでも行ける。手ぬぐいも2、300円くらいで売ってたかな。

プールの方は結構広そうだった。ただ、子どものスイミングスクール?っぽいことやってたような気がする。
公式サイトにも水泳教室情報とかあったので間違いないと思う。

よかったのは、バイクを置く場所が結構あったこと。
都内からこれだけ近くてバイクを置ける入浴施設(まあ入浴施設ではないんだけど)はあまりないので貴重。
有料の駐車場も結構広くて空いてた。

あと大広間みたいなところでだらだらできるのもいい。

結構大きめの施設なんだけど、あんまりネット上に情報がなかったので書いてみた。
首都圏で大浴場を探し求めてる人の参考になればと思う。

その時に撮った写真がこれしかなかった。新しいヘルメットデビューの日だった。
https://www.instagram.com/p/-VuQ-Mh3jF/
New helmet! #motorcycle #helmet

冬コミ(C89)反省会

来年になったらいろいろ忘れてそうなので、冬コミの個人的な振り返りを記録として残しておく。

準備編

  • よかったこと
    • 印刷所の早割納期までの納品に成功した
    • 過去の表紙等を使うことで工数を削減できた
    • 入稿ノウハウのある印刷所を使ったのでその点でも工数削減できた
  • よくなかったこと
    • 校正の時間がかけられず誤字・脱字が発生してしまった
    • Wordで作った部分の体裁(字の大きさなど)がイマイチだった
    • 入稿の時にInDesignで作った部分で一部フォントの埋め込みミスがあり再入稿することになった
  • 次回やりたいこと
    • 校正の時間をもっと取る&印刷してみて確認する
    • 表紙にもっと変化をつけたい(ロゴかイラストを発注する等)
    • どうせ作るのが分かっているのであれば10月とかから動くのもアリか(落ちるかもしれないけど)

当日編

  • よかった
    • 防寒対策
  • よくなかった
    • 体調

当日の流れ

  • 朝、最寄り駅に着いたところで財布を忘れていることに気づく。サイアク。
  • りんかい線国際展示場駅に着いたらサークル参加ギリギリの時間で危なかった。9時直前に入場。
  • 見本誌提出する時に受付番号の紙持ってくるの忘れててやべーと思ったけどCircle.msみたらなんとかなった。
  • 今回は2日目東4だったけど、だいぶまったりしてた。3日目の東とは大違い。
  • 右2つ隣のブースにマッドマックスに出てくるウォーボーイズの恰好してた人がいてビビった。

f:id:ze-ki:20160104234956j:plain
ノリで写真撮らせてもらった。

  • 隣の外人さんのアメコミ擬音辞典がめちゃくちゃ売れてた。
  • 昼くらいから徐々に売れ始める。
  • フォロワーが来て「いつ転職するんですか?」とか言いながら新刊を買っていく。
  • フォロワーが来て「どうも、ドスです」とか言いながら新刊を買っていく。
  • フォロワーが来て「あっ、アルファツイッタラーさんチーっす」とか言いながら新刊を買っていく。
  • 寄稿者のコスパ厨氏が強盗のお面被ってやってきたので「なんで縦書きでお願いしたのに横書きなんですか?書きにくかったですかねえ」と聞く。
  • コスパ厨氏「いや、嫌がらせ」自分「ガハハ」
  • コスパ厨氏に半額シールをもらう

  • 一応16時まで出してたけど、映画・芸能島は15時くらいから撤収ムードだった。
  • 残りの冊子と戦利品を郵パックで送った(ちなみに翌日の昼間に届いた)

防寒対策

前回は西のシャッター近くでクソ寒くて、あまり防寒をできてなかったのでその後死んだんだけど、その反省を活かして、セーターに厚手のアウターにモンベルのタイツ等々、完全武装して臨んだ。
加えて、貼るカイロを背中に貼ったりした結果、むしろ汗かくくらいだった。というか普通にシャッターから遠かったらそんなに寒くないので事前に場所チェックしといたほうがよさそう。

あと、魔法瓶にお湯詰めていって、セブンイレブンの紙コップのコーヒー淹れたりしてた。
そこまで寒くないとはいえ、暖かい飲み物飲みたくなるので、これはよかった。